うつ病の薬で副作用がひどいときは、レビー小体病の疑いも

レビー小体(Lewy body)型認知症(レビー小体病)は、初期の段階では、うつ病と区別がつきにくい病気です。そして、レビー小体(Lewy body)型認知症(レビー小体病)には、薬剤過敏性という特徴があります。もし、うつ病と診断されて、重篤な副作用に悩まされていたら、うつ病ではなく、レビー小体(Lewy body)型認知症(レビー小体病)ではないかと、うたがってみる必要があります。 続きを読む →