油は、バランスが大切?

NHKのTV番組、ガッテンによると、バランスが崩れると、心筋梗塞のリスクが増加するそうです。 オメガ3脂肪酸の摂取量が低いグループの心筋梗塞の発症率が、多いグループより、3.84倍になり、 中性脂肪が低下するそうです。

油の分類

飽和脂肪酸

  • バター
  • 牛肉
  • ココナッツオイル
  • パームオイル

オメガ9脂肪酸

  • オリーブオイル
  • なたね油
  • アーモンドオイル
  • 米油

オメガ6脂肪酸(血液を固める)

  • サラダ油
  • コーン油
  • ごま油

オメガ3脂肪酸(血液をサラサラにする)

  • えごま油
  • 亜麻仁油
  • 魚油
  • アザラシ油
  • くるみ油

えごまは、シソ科の植物で、日本では、内陸の寒冷地に育つ植物です。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランス

飽和脂肪酸とオメガ9脂肪酸は、体の中で合成できます。一方、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸は、体の中で作ることができません。(必須脂肪酸)

健康のためには、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスよく摂取することがが大切です。

日本人の摂取量の平均
オメガ6脂肪酸 9.6g
オメガ3脂肪酸 2.1g

H28 国民健康・栄養調査より

そのため、オメガ3脂肪酸を小さじ1杯(2g)余分に摂取すると、かなりアンバランスが改善できます。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の理想的なバランスは、2;1です。

そのため、オメガ6脂肪酸を減らすか、オメガ3脂肪酸を増やすかして、理想に近づけると良いと言われています。

オメガ3脂肪酸は、海洋性オメガ3脂肪酸である青魚に含まれるDHAやEPAの他に、 くるみ、アマニ、エゴマなどに含まれる植物性オメガ3(n-3系)脂肪酸である α-リノレン酸(ALA) があります。

脂肪酸の分類
脂肪酸の分類

https://ocw.kyoto-u.ac.jp/ja/faculty-of-agriculture-jp/5195000/pdf/03/341-4.pdf

亜麻仁油とえごま油の製品ラベルでは、それぞれの成分比は、以下のように示されていました。

亜麻仁油とえごま油
亜麻仁油とえごま油
  フラックス油(亜麻仁油) えごま油
αリノレン酸 52g 60g
リノール酸 15g 13g
オレイン酸 18g 14g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です