口内炎や口角炎は、なぜ起きる?

できてしまえば、耐えるしか無い口内炎。調べてみるとあまり原因が解明されていないようです。確かに、口内炎ができても病院に行こうととはよっぽどまで思いません。

しかし、2週間以上治らない。長年同じところに繰り返しできる場合は、他の病気が原因となっている可能性があるので、病院にいき診察してもらったほうがいいそうです。

原因

口内炎の原因は、原因が解明されていない場合の原因としてよく登場する「疲れ、ストレス」そして「栄養不足、傷」です。栄養不足の場合は、ビタミンB系の摂取で改善しますが、栄養不足が原因の口内炎はごく一部で、栄養不足が原因でない場合は、効果がありません。内臓が弱っているなど、栄養が正常に摂取できていない場合を除き、栄養不足の状態になることは少ないそうです。

  • 疲れ
  • 栄養不足(サプリで摂取するならビタミン系(B)ビタミンが不足している場合しか効果がない。)
  • (割れた入れ歯や抜歯の後、魚の小骨、噛み傷など)
  • 金属での口内炎(アレルギー)(歯科治療の銀歯など、時間が経ってから発生する場合も多い)

多くの場合、疲れやストレスが原因で、「口の中の免疫を司る唾液が減る」そのため「抵抗力が低下する」そして、「噛む、熱いもの、冷たいものの刺激、口が乾くことによる荒れ」により、口内炎ができると言われています。

口内炎は、雑菌の侵入を白血球などにより排除する結果、膿ができます。これが口内炎です。

予防法

口の中の雑菌を少なくするのが基本戦略です。

唾液腺のマッサージ

唾液を分泌するのは、顎の下(顎下腺)、舌の下(舌下腺)、耳のやや前の下(耳下腺)です。耳下腺をマッサージすることで、唾液の分泌を促すことで、口内炎の予防になります。疲れてきたときや口が乾いたときにマッサージを行うと効果的と言われています。

うがい

うがいをすることで、雑菌を洗い流す。(水道水でOK)一日数回、寝る前が効果的。うがい薬は、刺激があるものは、口内炎ができた後には、使わない方がよいと言われています。刺激の少ないうがい薬に変更するか、水でうがいをしましょう。洗い流すだけで、雑菌を減らす効果があります。

水分補給

水分をこまめに補給することで、口の中を湿らせておくことも口内炎に効果的。

栄養と睡眠

疲れたときに、栄養を取る。ビタミンBを中心に摂取する。サプリメントOK

口内炎ができてしまった時の対策

病院で行う検査

  • ストレス(唾液中のアミラーゼの量で測定)
  • 唾液量(30以上で異常なし)
  • 粘膜異常(特定の波長の光を当てて目視確認)

病院(歯科、口腔外科、内科、耳鼻咽喉科、皮膚科)に行く目安

  • 2週間以上治らない。
  • 長年同じところに繰り返しできる場合

口内炎の薬の効果

  • 痛みを抑える成分が主
  • 治りも早くなり、痛みも抑える

口内炎の薬の種類

  • 塗り薬
  • パッチ
  • スプレー

口内炎の薬の使い分け

  • 広い範囲にいくつかできる場合は、スプレーや塗り薬
  • 1つできた場合は、パッチ
  • 喉の奥など塗りにくいところは、スプレー
  • 触れなくぐらい痛いときは、スプレー

塗り薬の塗り方

  1. まずはうがいをする
  2. 傷のまわりの余計な水分を脱脂綿で取る
  3. 綿棒を使ってまわりから塗る(中心から塗ると痛い)

うまく塗れば、1時間付いた状態になるので、その間に成分が吸収されて効果がある。

口内炎の薬の分類と使い分け

  • ステロイドの入っているものと、入っていないものに分類される。
  • ステロイドが入っているものが、痛みを抑える効果が高いので、痛いときは、ステロイドの入った薬を選択する。
  • 痛くなくなったら、ステロイドの入っていないものを使う。

口内炎ができる病気

口腔扁平苔癬

症状

赤い晴れ、ただれ、網膜上の模様、出血、痛み

原因

アレルギー(金属など)、遺伝、自己免疫疾患、ストレスなど

特徴

  • 粘膜が赤く腫れ、一部に白い模様ができる。ごく稀にガンに変化する。
  • いつもより、口内炎の範囲が、広い。
  • 1ヶ月ほど継続し、炎症がだんだん広がっていく。
  • 場合によっては、完治に3年以上かかる。
  • わさびや醤油がすごくしみる。

白板症

症状

白くなる

原因

喫煙、アルコール、物理的刺激など

金属の詰め物、割れた入れ歯の長期間の使用、歯が抜けた後

特徴

半数が、がん化する

口角炎

症状

口の端が裂ける

原因

細菌、真菌、ウイルスなど

  • 白色ワセリン
  • 抗生物質
  • 抗真菌薬
  • 抗ウイルス薬

対策

歯磨き粉のすすぎ残しで、原因で口が荒れる事がある。そのため、口角に、歯磨き粉をつけたままにしないことがたいせつです。これが原因の場合、歯磨き粉を別の種類に変更することも効果的です。

他の原因として、口紅やリップクリームのメイク落とし後のふき残しが原因になることがあります。この場合は、長年使っている化粧品を変えてみるのも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です